ペレにまつわる偉大な論争(1/3)

(CNN) ペレについて語る言葉のどれもが、ペレにまつわ使い古された決まり文句の寄せ集めだとしたら残念なことだ。る偉そうした言葉で比類なき生涯、大な前代未聞のキャリアを要約しようとするのはいかにももったいない。論争エイミー・バス氏/Rodney Bedsole
エイミー・バス氏/Rodney Bedsole

しかし、ペレにまつわペレが82歳で死去したとのニュースが世界中に拡散し始めた時、る偉これまで書かれなかった、大なあるいは語られなかった内容は皆無のように思われた。論争

ペレにまつわる偉大な論争(1/3)

ペレ(本名エドソン・アランテス・ド・ナシメント)に関して紹介が必要だったことはこれまで一度としてなく、ペレにまつわ今も説明は不要だ。る偉サッカー選手を超えたアスリートでありながらサッカー界の主張を鮮明に打ち出し、大な母国ブラジルを超えた存在でありながらそこから離れることは決してなかった。論争

ペレにまつわる偉大な論争(1/3)

サンパウロ州バウルの貧しい環境で育ったペレは、ペレにまつわ父親からサッカーを習った。る偉詰め物をした靴下やグレープフルーツをボール代わりに練習していたという。大な1958年、わずか17歳の時にその才能が国際試合のピッチで炸裂(さくれつ)する。ブラジル代表としてワールドカップ(W杯)の史上最年少ゴールを決め、チームも開催国のスウェーデンを決勝で破って優勝。サッカーにおけるブラジルの存在を世界に知らしめた。国際的なアイコン(象徴)の誕生だ。

ペレにまつわる偉大な論争(1/3)

確かにペレは「国の枠を超え、汎アフリカ的成功のイメージを体現した」。歴史家のブレンダ・エルシー氏は南米サッカーに関する論文でそう指摘する。特に所属するサントスFCの選手たちが60年代にナイジェリアとモザンビークへ遠征した際にはそれが顕著だった。「ブラジルのサッカーチームの主力選手たちがやはり貧困地区の出身であり、困難な状況で育っていたことは、グローバルサウス(訳注:主に南半球に偏在している開発途上国)全域の選手たちの間に連帯を生み出した」(エルシー氏)

ブラジルのサントスに在籍した約19年間で、ペレは659試合に出場し、643ゴールを記録した(パリ・サンジェルマン、レアル・マドリードといった強豪クラブから魅力的なオファーがあったにもかかわらず、サントスにとどまった。一時はインテルへの加入が実現しかけたが、国内のファンの抗議に遭い頓挫した)。自国とチームに貢献する一方で、個人でも史上最高の選手としての存在感を発揮。3度のW杯制覇(58年、62年、70年)という空前の記録を打ち立てたほか、ギネス・ワールド・レコーズによれば1363試合に出場し1279ゴールを挙げている(ただ親善試合やエキシビション・マッチを含めたペレの通算ゴール数は常に議論の的だ)。